住宅ローン審査が通らない理由は?

A.通過するためにやっておくべきことを理解しておきましょう

住宅ローンを実際に利用するためには、借り入れを希望する金融機関が実施する、厳しい審査を通過する必要があります。
住宅ローンの審査では、雇用形態や年収、その他の借り入れ状況など、申し込み者の様々なデータを総合的に判断。その基準は金融機関ごとに異なり、詳細は公開されていませんが、一般的に住宅ローン審査において重要視されるポイントはある程度決まっています。

審査に通る理由もあれば、落ちてしまう理由もあるのです。しかし、銀行などの金融機関側は「なぜ住宅ローンの審査に落ちてしまったのか」という原因を教えてくれません。

ここではどうして落ちたのか考えられる理由をご紹介します。

住宅ローン審査のチェックポイント

個人の信用情報

住宅ローンを設定する金融機関は、借り入れを希望する顧客の借り入れ状況を信用調査機関に照会します。この際、他のローン残高が多い場合や、返済遅延の履歴があると、住宅ローン審査が不利になる可能性が高いです。

仕事情報(雇用形態・勤続年数・勤務先)

住宅ローン審査では、安定した収入があり、確実にローンを支払っていけると証明することが求められます。
そのため住宅ローン審査では、勤続年数や安定した仕事及び収入の有無を重視します。特に雇用形態に関しては重要なポイントとなっており、派遣社員・契約社員の場合、住宅ローン審査が不利になってしまう傾向があります。

年齢

完済時の年齢もチェックされるポイントの一つです。定年退職後は収入が大幅に減ることが予想されるため、定年退職後に完済を目指すプランは、必然的に住宅ローン審査が厳しくなります。

健康状態

住宅ローンを利用する際は、団信へ加入を求める住宅ローンがほとんど。団信はその名の通り生命保険であり、健康状態が良くなければ加入することができません。そのため、申し込みの段階で健康状態に問題がある場合、住宅ローン審査が通らない可能性があります。

まとめ

住宅ローンの審査に落ちた人は年収や年齢、仕事や担保価値など個人信用に欠けている可能性があります。
仮審査と本審査は見る内容が少し異なるため、本審査でも落とされることは十分にあるでしょう。

どんな審査であるか内容を理解し、金融機関から信用を得られるように借金の滞納や遅延に気を付けてください。

自分はどこまで借りられるのか、借金がないかなどを把握した上で、住宅ローンに申し込むようにしましょう。

住宅ローンになかなか通過しないと不安がありますが、通過しない理由の大きな要因は借金があることや、収入の不安から返済能力がないと判断されることです。

返済能力があることを実証できれば審査が通過する可能性があるので、通過するためにやっておくべきことを理解しておきましょう。